タイガービールも美味しいけど、インドのビール、キングフィッシャー(Kingfisher)も悪くない。フーディーな日本人の友達は、その中でもキングフィッシャー・プレミアム(Kingfisher Premium)というビールが大好きで、リーゾナブルな価格でその幻のビールが飲める店を常に探しているんだとか。

キングフィッシャー・プレミアムが希少過ぎ

インド人は日本人や韓国人ほど大っぴらにお酒を飲む習慣がないので、シンガポールのリトルインディアにあるレストランも、アルコールを提供している店は限られる。それでもKingfisherはインドの代表的なビールなので、お酒を取り扱ってる店なら、必ずと言っていいほど置いてあるんだけど、Kingfisher Premiumとなるとそうはいかない。Lagnaaみたいな高級な部類に入る店でしか置いていないのだ。

キングフィッシャー・プレミアムが置いてある店

しかし、この度ようやくKingfisher Premiumを見つけたので、若干興奮気味でこのントリーを書いている。インド人同僚からオススメされた、結構有名なレストランらしい。噂には聞いていたけど、結果的にはこのレストランでKingfisher Premiumを見つけた。

Khansama Tandoori Restaurant(カンサマ・タンドリー・レストラン)

f:id:xinsg:20161211121136j:image

Khansama Tandoori Restaurant
住所:166 Serangoon Road Singapore-218050
時間:午前11時~午後11時
電話:6299-0300、6396-7395
URL:http://www.khansama.net/default.aspx

ウェブサイトを覗いてみると、どうやらケータリングサービスもしているらしい。なるほど、よく見てみたらウェブサイトには提案欄もあるし、サービスには気を使っていて、マーケティングも上手そうなレストランだ。

店内、幻のビール、料理

向かったのは或る週末の土曜日の夜。ゴールデンなタイムだ。流石に人が多くて待たされるだろうかと思いきや、店につくなりスタッフから、店外が良いか店内が良いか聞かれ店内を選択、速攻で案内された。店内は少しATAS(高級)な雰囲気だった。

f:id:xinsg:20161211130128j:image

しかし料理の相場はというと一品SGD5.00~SGD15.00といった感じ。ビールもタイガー、キングフィッシャー、ハイネケンなどなど。注文時に店員さんに確認してみると「ここのKingfisherKingfisher Premiumである」とのこと。「キターヽ(´ー`)ノ」という事で、さっそく注文。

f:id:xinsg:20161211123856j:image

ザ・幻のビールである。以前Lagnaaで飲んだことがあるのだけど、今一度意識して飲んでみると、たしかに上品な味がした。ビールをほとんど飲んだことがない、という友達(中華系シンガポール人)も「美味しい」と飲んでいた。その他オーダーした料理はこんな感じ。

ライス

f:id:xinsg:20161211123903j:image

ナン

f:id:xinsg:20161211150516j:image

チキンマサラ

f:id:xinsg:20161211123909j:image

エッグブルジー

f:id:xinsg:20161211123918j:image

バターチキン

f:id:xinsg:20161211123926j:image

詳しい値段はウェブサイトから確認できる。基本自分は「美味しい!また行きたい!」と思った店のしかブログにはかかないので、料理のクオリティも良かったということ。

f:id:xinsg:20161212160556j:image

2人で食べて少し食べきれなくなるくらい。お会計は占めSGD61.30でした。店内の雰囲気、Kingfisher Premium、食事のクオリティを考えれば良心的な値段だと思う。

シンガポール人「ウォシュレットは必要ない」

日本よりGDPの高いと言われる裕福な都市国家シンガポール。国中で効率的な機械化が著しい。たとえば1部のコンビニでは自動精算機が設置されていたり。

マクドナルドではタッチ・スクリーン注文機でオーダーするのが当たり前になってきている。これについては欧米諸国も同じだろうけど。

https://lh3.googleusercontent.com/-GCv_tom1czg/VOd0sD_vpLI/AAAAAAAAEFo/VcM7f2nZweU/s640/blogger-image--2099157781.jpg

一緒に食事をとった友達は、最近日本への旅行から帰ってきた中華系シンガポール人。カレーを食べてる最中にトイレの話をしてみた。

 

しん「シンガポールは便利なのに、ウォシュレットだけ全く普及してないよね。」

友達「日本でウォシュレット使ったけど、あれ本当に必要かな。」

しん「清潔だし便利やん。特に日本だったら色んな種類のボタンがあったでしょ。」 

友達「う~ん、でも終わったあと拭けば済む話だし。」 

しん「確かに言われて見ればそうだけど。」 

 

よくよく考えてみたら、コンビニ自動精算機や、タッチ・スクリーン注文機と比較して、ウォシュレットはそれほど必要な物ではないのかもしれないと気付かされた。

たとえば、コンビニの自動精算機は、導入することで、従業員の計算ミスも防げるし負担も減るだろう。シンガポールのマクドナルドはラッシュ時は凄く混むので、タッチ・スクリーン注文機を導入する事で、回転率が上がり利益にもつながる。

しかしトイレは所詮トイレ。仮に今回お世話になったKhansmaにウォシュレットが導入されたとしても、導入時こそ「シンガポールで初ウォシュレットが導入されたレストラン」として話題になり客を呼ぶかもしれないけど、月日が経てば「今回の晩餐はKhansamaとLagnaaで迷っているけど、KhansamaのトイレにはウォシュレットがあるからKhansamaに行こう」とはならないはずだ。「今回の晩餐はKhansamaとLagnaaで迷っているけど、KhansamaにはLagnaaには置いてないKingfisher PremiumがあるからKhansamaに行こう(実際は両レストランともKingfisher Premiumは置いてます)」という可能性はあるにしても、トイレのウォシュレットにKingfisher Premiumほど判断を左右させる力はない。

シンガポールにはとんでもない金持ちも沢山いる。現地では手に入りにくい超高級和牛や高級熱帯魚を、シンガポールの裕福層のみに販売してビジネスを成り立たせている日本人もいる。ウォシュレットは楽だし清潔だから、金の有り余っている裕福層は購入してくれるかもしれない。しかし、和牛みたいに食べたらなくなるものでもないし、熱帯魚みたいに魚が死んだら補充が必要なものでもない。1部の裕福層に購入してもらったとしても、頻繁に買い換えるようなものでもないから、ビジネスとして成り立たない。

f:id:xinsg:20161211130141j:image

シンガポールには5つ星ホテルでさえ(自分の知っている限りは)ウォシュレット完備のトイレがない事が、今まで凄く疑問だったけど、シンガポール人の友達の「拭けば済む」のたった一言で、その疑問が解消されてしまった。

海外在住足掛け計7年近くになるけど、いまだにこういう発見があるから、海外に住むのはやめられない。海外で外国人とつるむのは辞められない。つくづく、そう思わされた出来事でした。

冬の雨が降っている


凍るほどに、冷たく

地面に叩きつけるように、激しく

次から次へと、限りなく


あたしの流す涙も雨のようだ

とめどなく流れる涙

どこに隠れているのかと思うほどの涙


悲しみは癒えやしないし

苦しい事も多いし

人のために涙する事もあるし


でも、あたしの涙は雨とは違う

心がある

温かいし、優しい


悲しくて涙しても、嬉しくて涙しても

自分の意思で泣いているんだから

誰にも責められはしない


温かい涙は、決して悪い物ではない

あたしのために役に立つものだから


心がここにあるって安心できる印

だから、いい

「こんなモノを身につけてはいけない? 男性のNGグッズとは」
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0911/26/news030.html


リュックサックですけど何か?


手が空いて楽だからいいじゃないか。
均等に負荷がかかって背骨とかにもいいんだぞ。
リュックサックだと自転車に乗りやすいんだぞ。
ドロップハンドルでリュックサック以外の鞄を選択出来るか?
リュックサックだとエコバックっぽくも使えるぞ。


カメラ用のリュックサックもありますが何か?


重いだよね、カメラって。
こんな高いカメラうっかり落としたくないよ。


そんなに見た目が一番だってコトか!


実用性も大事だよ。
「自転車に乗ることがある」が故に、
鞄探しの条件は「リュックにもなること」だから!

花粉症 is F*ck.


皆さん、こんにちは。雪圀です。

今回、Cの基礎についてやろうと思いましたが、偶には「オブジェクト指向」の考え方
について、「JavaScript」を通して学んでいこう、という記事です。
・・・が、正直僕自身「オブジェクト指向」についてはあまり詳しくないので、
どちらかと言えばコメントにて「オブジェクト指向」に詳しい方にご教授して
もらいたいので書いた次第です。謂わば「本当にこれで合ってんのだろうか」という
確認のための記事だと思ってください。


先ず、「オブジェクト指向」の考え方として大切なのは、「クラス」
「インスタンス」についてです。
「クラス」と言うのは、「オブジェクトとしての定義」だと思ってください。
例えば、「日本人」は「日本語を喋る」ことが出来ます。この「日本人」がクラス
そのものであり、「日本語を喋る」はクラスで定義されている物事になります。

しかし、「日本人」が「日本語を喋る」と定義されるだけでは、「日本人」が存在
していないので、「日本語を喋る」ことが出来ません。つまり、「日本語を喋る」
ためには「日本人が存在している」必要があります。
そのために必要なのが、「インスタンス」で、例えば先ほどの例だと「日本人が
存在している」がインスタンスになります。この「日本人が存在している」という
状態を作ることを「インスタンス化(実体化)」と呼び、クラスを利用するため
には無くてはならない存在です。

これを「JavaScript」のプログラムで表すと、このような感じです。

// クラス「Nihonjin」
var Nihonjin = function(nihongo){
  this.nihongo = nihongo;  // クラス「Nihonjin」の定義
}


// インスタンス化
var Sato = new Nihonjin(こんにちは);
console.log(Sato.nihongo);

これで「佐藤」と呼ばれる日本人に「こんにちは」という日本語を喋らせることが
出来ました。

因みに「this」という単語が出てきましたが、このプログラムでは「this = Nihonjin」
という感じに、自分自身のプロパティ(「.***」とか付いている、クラスの属性の
こと)を作成する場合、「this.***」という感じにつけることが出来ます。

ここで、「オブジェクト指向」特有の考え方に移ります。
仮に「日本人」とは言っても色々な人がいるように、「車」や「椅子」にも、色々な
車、椅子があります。
ついでに言うと、例えば2つの「全く同じ椅子」があったとしても、その2つの椅子は
あくまで「別物」であり、認識としては「あの2つの椅子は全く同じ外見だけど、
『別の物』だ」と考えなければなりません。

では、「オブジェクト指向」の利点とは何でしょうか?
それはずばり、「面倒が省ける」と言うことでしょう。例えば先ほどのプログラム
だと「日本人」に「日本語を喋る」という定義をすればあとはそれぞれの「日本人」
に日本語を喋らせればいいです。
もし仮に「日本人」に「日本語を喋る」という定義が無ければ、「日本人」一人一人
に「日本語を喋る」と定義しなければならないため、非常に時間がかかりますし、
ぶっちゃけ凄い面倒くさいと思います。
だから、「オブジェクト指向」はそういう点では凄い便利な考え方だと思います。


以上です。何か足りないような気もしますが・・・色々とご指摘いただけると勉強
になるし助かります。

今回はこれくらいにしときます。

http://instagram.com/p/UqD4FkG7GI/
お昼ごはん。ベーグルが食べたくなって、市内で買える「ひといろ」のツナたまごサンド、ハム・クリームチーズのベーグルサンド、そしてプレーンな玄米ベーグルを買って、ハム・アボカド・水菜・クリームチーズをサンドしてみた♪

AKB4913

2018/01/06

宮島礼史×元麻布ファクトリー、講談社。前回一段落ついたアイドルスポ根漫画も、はや13巻目。今回はイマイチ華がない吉永さんが覚醒する巻であり、同時に凡人代表こと49のポップこと水野さんが裏主人公として大活躍する巻でもあった。天性のカリスマ性や明るさ、器のでかさを併せ持つスーパーアイドル候補、浦川みのり。どんなピンチも負の感情も最終的に前向きにねじ伏せるみのりに背負わせる訳にはいかない、ネットリとした「負け犬の話」をやることで、スポ根としても芸能界モノとしても、漫画の幅が広くなったと思う。
吉永のキャラの薄さへのテコ入れとしては、親父さんのエピソードと合わせてなかなか良かったと思う。ステージアクターとしての華はなかなか漫画にしにくいところだと思うが、上手くエピソードを組んで、真ん中になることの重圧やそれを跳ね返す凄みなんかを上手く出していた。吉永親子の和解エピは、一度も直接会話をしないのに(もしくは、しないから)、人情味あふれた絆の話に仕上げるという結構テクニカルな話だった。13巻分積んできた、この漫画の技巧分が上手く出ていたと思う。
GKJという要素を使いきって、今後どう話を回すのかなぁ、とか思いながら見ていたら、みのりと吉永が支店行脚に出ることになった。本店の脇キャラも使い切った感はあるので、せっかく人数も多いし脇の話をやらない理由もない。出されてみると、視点がノして来てるリアルの事情も引っ括めて、結構納得の手。そして岡部先輩、今までお疲れ様でした! まぁ岡部を抜かないと、せっかく新天地なのに岡部のキャラ強すぎて今までの変奏曲にしかならんしな。
全体的に細かいところの丁寧さや巧さが目立った今回だったが、ドサ周りを発表された時の吉永の脆さとみのりの圧倒的な強さの対比は、この漫画の芯である「ハッタリの巧さ」が前面に出た良いシーンだったと思う。主人公であるみのりの天才性、図抜けたアイドル適正の描写が太いからこそ、今回凡人の域をようやく脱した吉永の成長も光るわけで。何よりも、あそこで不敵に笑う浦山くんはやっぱりカッコいい。そして、カッコいい主人公がいる漫画は、とてもいい漫画だ。さておき、大家さんが前回描かれた時と全く別人だったのは、マジなシーンと抜きのシーンの差だと思おう。うむ。

練習@RCA

2018/01/06

今週、子供の高校進学のため嫁さんと子供が日本に本帰国。犬2匹と自分だけの生活が始まった。今のところ何も不自由はなく、ちょっとがらんとした部屋に違和感を感じる程度。もともとお互いの趣味世界に没頭したところがあったせいなのか、まずは順調。

本日は家事をこなしたあと、RCAで練習。最近はワイルディングのレッスンと練習は一区切りとした。ある程度は改善、これ以上は余程でないと行けそうにないのでよしとせざるを得なかった。

今日ドライバー集中練習で感じたこと。

⇨ あまりインサイドに右肘を落とそうとしないこと。むしろヘッドの弧がプレーンに乗るのを意識する。

⇨ ビハインドザボール、身体の突っ込みを抑えて綺麗にフィニッシュさせる。

この2点、明日のラウンド頑張ろう!(^O^)!

今回のアニポケも劇場版並みのクオリティ!

毎週毎週楽しみ過ぎて毎日ソワソワしております←

いよいよ50%フォルムのジガルデ同士の戦いが…

f:id:minniemouse-yanappu:20160908015711j:image

ロケット団がもういい人にしか見えない件について笑

f:id:minniemouse-yanappu:20160908015734j:image
この人達、本業は悪の組織だよね!?!?

 

f:id:minniemouse-yanappu:20160908015754j:image
プラターヌ博士とマノンちゃんがセレナ達と合流!このタイミングでか!

f:id:minniemouse-yanappu:20160908015809j:image

f:id:minniemouse-yanappu:20160908015819j:image

あとこの前までセレナはマノンちゃんって呼んでいたのに今日は呼び捨てになっとる!

アランとサトシのことを心配するマノンちゃん。あとハリさんも…

f:id:minniemouse-yanappu:20160908015828j:image
と言った所で何時ぞやのマノンちゃんとの会話を思い出したセレナ。

f:id:minniemouse-yanappu:20160908015838j:image

ここはシトロンとシトロイドに任せて、セレナとマノン、博士はハリさんの居るフラダリラボへ。

f:id:minniemouse-yanappu:20160908015848j:image

 

フラダリはジガルデを支配するためにメガシンカエネルギーを使った…
ここでそれを言うか…∑(゚Д゚)
ハリさんを目覚めさせるため、マノンの笑顔を取り戻すため…今まで苦労してメガシンカエネルギーを集めてきたのに…ツラい…

f:id:minniemouse-yanappu:20160908015904j:image

f:id:minniemouse-yanappu:20160908015910j:image


ラボへ向かうセレナ達の所にロケット団が。

f:id:minniemouse-yanappu:20160908015920j:image
でも今回も悪党としてじゃなく、放送局の人ということでヘリに乗せてくれるって!!
本当にいい人達だ…
と言ってもロケット団はフレア団の基地を乗っ取る気満々笑

 

ユリーカはプニちゃんの応援…

f:id:minniemouse-yanappu:20160908015929j:image
でも、そこは危なくない!?
プニちゃんが押されてる…
クセロシキがまたもや謎のレーダーを使う気か!?

 

フラダリのハエ(謎の機会)登場笑

f:id:minniemouse-yanappu:20160908015941j:image
サトシとゲッコウガのキズナ現象を利用するらしい。

f:id:minniemouse-yanappu:20160908015953j:image
やっぱり、あの時キズナ現象に興味があるって言っていたのは利用する気だったからか…

過去のことにいつまでも囚われてるんじゃない!絶望しているアランにサトシが語りかけてる…

f:id:minniemouse-yanappu:20160908015959j:image
というか、レーダーを浴びているのに普通に話してるし…流石超人笑

ピカチュウの一声でサトシゲッコウガ君臨!
拘束を解いた!!

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020054j:image

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020018j:image

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020025j:image
アランもサトシの言葉で立ち直ることができたみたい。
フラつくサトシを支えにきたけど、さっき立っていた所から来たんだよね!?登るの早くないかい!?

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020041j:image

 

フラダリがハエフラダリになった←

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020110j:image
あのハエってリアルに飛べるのか…笑

 

一方シトロンの方ではバラ達に勝った!

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020120j:image
急いでジムへ…

 

そしてユリーカはプニちゃんを応援中。
!!プニちゃんに謎のレーダーが照射されてしまった!

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020132j:image

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020138j:image
ていうか、ユリーカとプニちゃんも若干シンクロしてる!?よね!?


ここでフラダリの過去が暴かれた…きれいなフラダリ←

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020145j:image
フラダリはカエンジシとギャラドス(色違い)を出した!

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020227j:image
そしてギャラドスがメガシンカ!

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020211j:image
ゲームのフラダリのギャラドスって普通の色だったよね…??

 

一方シトロンはジムの入り口前まで来たけれど、コードが書き換えられている…
ここでシトロイドが解析することに。万能だなぁ。

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020237j:image

 

フラダリ(2匹)VSサトシ・アラン(計7匹)って流石にやり過ぎじゃないっすか←

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020246j:image

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020252j:image

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020258j:image

 

セレナ達はフラダリラボへもうすぐ到着。だけど、フレア団に気づかれてしまった…!
もう嫌な予感しかしない…

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020317j:image

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020323j:image

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020328j:image

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020335j:image

 

そしてここで今週終了…
また良いところで切りますな…
最近、いつも以上にアニポケが楽しみ過ぎて1週間がツラい…笑

 

そして今回もCパートはクセロシキがメガシンカエネルギーについて解析。

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020345j:image

f:id:minniemouse-yanappu:20160908020350j:image
尺が短くて最後の方が早口に…笑

次週はシトロイドが…!?!?
そして大誤算も登場するみたいですね。

帰還

2018/01/06

11時45分に入場

で 2時くらいに脱出

いまは豊洲ららぽーとにいます


ランチです
ココナッツスープっす
f:id:arisugawajuri:20090814145000j:image
これ食べたらサマーウオーズ見ます

 

全然フランス語を覚えることができません。

やっぱり使わなければ覚えることができないと痛感しています。

 

ということでこれからは、フランス語使っていきます。

もし間違えていたら、何方か添削お願い致します。 

 

 

Je ne travaille pas.「私は働いていません」

 

12/28付けで、会社を退職しました。

サラリーマンでは、なくなりました。たった1年8ヵ月の短いものでした。

 

会社を辞めたことに、今は後悔しかありません。

辞めたことというより、これまでに仕事で努力していなかったことに

後悔しています。

何も結果も出せず、会社に貢献もできず・・・

まったく中途半端な感じになってしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

 

「後悔はするな!」「後悔はしたくない!」とよく言うけど

まったく後悔をしないことなんて無理なんじゃない?

 

今後の過ごし方で、後悔が後悔でなくなるんだ!!

 

と、自分に言い聞かせています。

 

 

1年8ヵ月と短い期間でしたが、

大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

 

 

 

さてと。これから球友たちとの再会をしてきます。

Ciao!